ホーム > 投資・FX > スプレッドの幅

スプレッドの幅

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売買の注文をして利ざやを稼ぐ取引です。

http://o0q0w88f77.exblog.jp/

取引の値段は、四六時中変化しています。

 

それが為替市場です。

 

ラジオを聞いていると外貨の為替のニュースが流れる場合があります。

見かけるのが、「ただいまのドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。

 

別の言い方をすると、買いと売りの両方の値があります。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと提示している業者もあったりします。

 

平常時には売値の方が安価に設定されています。

私達が買値は高く、売値は低くなるのです。

 

その差分をスプレッドといい取引会社の儲けのひとつとされています。

スプレッドの差はFX取引会社によって違います。

 

スプレッドの幅はみなさんにとって出費になるので低いFX会社を選んだほうが有利です。

ただし、同じ業者でも状況に応じてスプレッドの差は変動します。

 

もしも通常時はドル円の組合せでたった1銭のスプレッド幅でも相場の上下動が大きい状態では大きくなる事があります。

 

ですから、スプレッドが低いのと同じく、変化しない事が必要です。

 

今では変化しないスプレッドの狭さを提示する取引業者も数多く存在しています。

 

現実に業者の注文画面の中で実際のレートを確認しなければ区別できないのですが、大切な事です。

 

多額の投資資金を賭けてエントリーするわけですから売買の前に気になるFX取引会社の新規取引口座開設を試してスプレッドの広さを確認しましょう。

同じ通貨の組合せマーケットのボラティリティによって、スプレッドの狭さは異なることがあります。

 

普通は、インターバンク相場で売買高が多い通貨ではスプレッドの幅が小さく他の通貨では広がるのが普通です。

 


関連記事

  1. ポーラのエステ

    常日頃サボり癖が酷くなり、その中でも特に美容に関しては本当に頑張っていない私なん...

  2. 低脂肪乳と牛乳

    さて、バストアップの効果があるとされる牛乳ですが、最近では低カロリーや低脂肪の牛...

  3. ストーカーと呼ばれないために探偵を

    探偵に頼みたい事は長い間付き合っていた元彼が今どこで誰とどのように暮らしているの...

  4. スプレッドの幅

    「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売買の注文をして利ざやを稼ぐ取引...